ムーミンママの心

c0203401_2015695.jpg


「ムーミンママは、台所にすわって、もも色のクリームで、デコレーションケーキのしあげをしていました。ケーキのまわりには「かわいいムーミントロールへ」と、チョコレートで書いてありました。そして、てっぺんにはおさとうの星がのっかっていました。」


                  トーヴェヤンソン「ムーミン谷の彗星」より



もうすぐ彗星が衝突し、地球が滅びるという時も、ムーミンママはいつもと変わらず心穏やかにケーキを作り、天文台へ行ったムーミントロールの帰りを待っています。
ムーミンママは、どんな時も「良きこと」を純粋に信じています。
だからいつも心穏やかなのですね。


# by silent_music | 2010-03-22 20:12 | days

スナフキンの心

c0203401_0173965.jpg


「そうだな。なんでもじぶんのものにして、もってかえろうとすると、むずかしいものなんだよ。
ぼくは、見るだけにしてるんだ。そして、たちさるときには、それを頭の中にしまっておくのさ。ぼくはそれで、かばんをもち歩くよりも、ずっとたのしいね。」
                    
                    

                    トーヴェヤンソン「ムーミン谷の彗星」より



スナフキンは物に執着することを嫌います。
物を持つことより、きれいなものを心に感じることの方が大切であることを知っているからです。

                         

                
# by silent_music | 2010-03-20 00:22 | days

音楽

c0203401_22585185.jpg


音楽は天使の言葉だとは
言い得て妙である

            トーマス・カーライル

# by silent_music | 2010-03-18 23:01 | days

ジョットの青


c0203401_14153083.jpg


スクロヴェーニ礼拝堂にあるジョットのフレスコ画「哀悼」
さまざまな天使たちが出現している青の空間
青い服を着たマリアがキリストの頭を膝に抱き取り
語りかけるように顔を近づけている

# by silent_music | 2010-03-17 14:23 | days

モラン

c0203401_22472676.jpg


「.....どんなにモランはさびしいことでしょう。だれにも愛されないんだものねえ。だからあの人は、みんなをにくむんです。あのスーツケースにはいってるものは、おそらくあの人のもってる、ただ一つのたからものでしょう。それをもあなたがたは、あの人からとりあげてしまうというんですか。
あのさびしい、夜の中になげだされているおばあさんから。」
スニフは、こういいながら、いよいよのぼせてきて、声をふるわせました。

             トーベ=ヤンソン 「楽しいムーミン一家」 山室静/訳



モランは女のまもの(ばけもの)です。
モランが通った跡は真っ白にこおりつき、その声もこおりのよう。
でもモランは恐ろしいまものでしょうか。
いいえ、あまりにも孤独だったから心がこおりついてしまっただけ。
本当は可哀想なおばあさんなのです。

# by silent_music | 2010-03-15 22:54 | days