c0203401_164249.jpg


ストラトフォード・アボン・エイボンで出会った「SHAKESBEAR」。
何と愛らしいネーミング!

妻アン・ハザウエイの生家、庭の林檎の木、シェイクスピアの生家、二人が眠るホーリートリニティ教会.......

c0203401_162727.jpg

c0203401_16274152.jpg

c0203401_16283746.jpg

c0203401_16291560.jpg


物語が生まれた町........

# by silent_music | 2010-09-29 16:36 | days

Bourton on the Waterの薔薇

c0203401_16494276.jpg


コッツウオルズ丘陵地帯にある小さな美しい町Bourton on the Water。
ハチミツ色のコッツウォルズストーンに彩られた古い街並には透きとおる小川が流れています。

色づきはじめた木々、紫陽花、輝く秋の薔薇.......

c0203401_1755728.jpg
c0203401_1732733.jpg


c0203401_17124297.jpg

# by silent_music | 2010-09-28 17:06 | days

The Young May Moon

c0203401_1753658.jpg


ふと立ち寄ったロンドンの楽譜店で、美しいケルトのピアノ曲を見つけました。

アイルランドの国民的詩人Thomas Mooreの「The Young May Moon」というアイリッシュ民謡。Carsten Gerlitzのアレンジが素晴らしい。


the young May moon is beaming, love,

the glow-worm's lamp is gleaming, love;

how sweet to rove

through Morna's grove,

when the drowsy world is dreaming, love!

then awake!—the heavens look bright, my dear,

'tis never too late for delight, my dear;

and the best of all ways

to lengthen our days

is to steal a few hours from the night, my dear!


# by silent_music | 2010-09-27 18:12 | days


c0203401_0502080.jpg


Ma Mére L'oye........
ラヴェルは親しくしていたゴドフスキ夫妻の2人の子供のために、シャルル・ペローのおとぎ話「マ・メール・ロワ」(フランス語で、「マザーグース」の意味)から、5つの小品を作曲しました。

その中で、私が一番好きな「眠りの森の美女のパヴァーヌ」
水の中を漂うような優しく美しい小さなピアノ曲

# by silent_music | 2010-09-16 01:05 | days

The Children of Lir

c0203401_05125.jpg


ケルトの神話「リールの子供たち」
リール王の4人の子供たちは、ある日継母に魔法をかけられ白鳥にされてしまう
子供たちに残されたのは美しい歌声だけ
リール王は湖の畔で、その歌声に心を慰める.......

900年もの間、白鳥たちは彷徨い悲しみの歌をうたう
そして魔法が解かれたその日 リールの子供たちは安らかに息を引き取る.......

私が一番好きなケルトの物語
白鳥の声 リールの子供たちの美しい声が
心の中に聴こえてくる

# by silent_music | 2010-09-12 00:22 | days