聖家族


c0203401_074699.jpg

カトリックでは、クリスマス後の最初の日曜日にイエスさまの幼年時代の挿話を聞きながら、家族の意味を考えます。
イエスの生涯においても、マリアやヨセフと共に過ごした日々は、家族の愛に包まれた幸福な「時」でした。
家庭は小さな天国です。

# by silent_music | 2009-12-27 00:22 | days

主の降誕


c0203401_054349.jpg


今日 ダビデの町であなたがたの救い主がお生まれになりました
この方こそ主メシアです

                    ルカによる福音書2:11

# by silent_music | 2009-12-25 00:08 | days

神曲 

c0203401_13264356.jpg


多くの絃の音色を集めて 提琴や竪琴は
音譜を解さぬ人の耳にもこころよい調べを奏でるが
私の光明の群れからも
歌詞はわからなかったが 十字架の上を
身も心も恍惚とさせるような旋律が流れた...............

              ダンテ 「神曲」天国篇より

# by silent_music | 2009-12-24 13:39 | days

オリオン

オリオンが枯木にひかる宵のほど

               山口誓子


宵の間は枯木の間にあって、クリスマスツリーの豆電球のようにきらきら光る星々
冬の美しきオリオン......

# by silent_music | 2009-12-21 22:41 | days

ハートのオーナメント


c0203401_1518185.jpg



デンマークではハートのオーナメントがクリスマスのシンボルとして使われています。
このアイディアを考えたのは、童話作家として有名なアンデルセンだといわれています。
アンデルセンはクリスマスに大変興味を持っていたようで、童話の中にもクリスマスが登場する 話がいくつかあります。
有名な作品としては、森から切り取られてきた若いもみの木の一生を描いた『もみの木』や、 寒さに耐え兼ね、街角で売り物のマッチを一本づつつけて、その炎の中に幸せな夢を見る 『マッチ売りの少女』などがあります。

# by silent_music | 2009-12-20 15:14 | days