Tree People

「守護の木」は、人びとの祈りの声を聞く........

c0203401_17384965.jpg

                         photo 「Tree People」より



暑さが重くのしかかる
夏の午後
フィンランドで「もっとも美しい本」賞に輝いた「Puiden Kansa」(英題「Tree People」)を開く
木には精霊が宿り、人とつながっている.......

# by silent_music | 2010-07-14 17:45 | days


c0203401_0122469.jpg


Adonais

I weep for Adonais - he is dead!
O, weep for Adonais! though our tears
Thaw not the frost which binds so dear a head!
And thou, sad Hour, selected from all years
To mourn our loss, rouse thy obscure compeers,
And teach them thine own sorrow, say: "With me
Died Adonais; till the Future dares
Forget the Past, his fate and fame shall be
An echo and a light unto eternity!"
             
                     Shelly(1792 – 1822)

アドネイス

わたしは涙する 死んだアドネイスのために
おお 涙せよ! たとえ我らの涙が
アドネイスを凍らせた霜を溶かせなくて
そして汝 失われたものを嘆くために
季節の中から選び出された悲しみの時よ!
ほかの時を呼び起こして 汝の悲しみを告げよ
“わたしとともにアドネイスは死んだ
未来の時が過去を忘れ去るその時まで
アドネイスの名は永遠にこだまするだろう“と.................

c0203401_0592125.jpg


シェリーは、ジョン・キーツの死を悼み「アドネイス」という壮大な挽歌を書きました。
死と再生を繰り返すオリエントの美神アドニス、彼はアドニスにキーツの姿を重ね、芸術の永遠性を詠いました。



# by silent_music | 2010-07-14 00:35 | days

桃の幸福

c0203401_1302496.jpg


今年は桃が豊作でした
鳥さんと仲良くたくさんいただきました。
最後の桃はちょっとおしゃれしてコンポートにしてみました。
赤ワインと桃の香りが何ともいえず上品です。

c0203401_1382315.jpg

# by silent_music | 2010-07-11 01:41 | days

にんぎょうげきだん

c0203401_22492716.jpg


こみねゆらさんの絵本「にんぎょうげきだん」。
人形たちが演じる小さな小さな人形劇団は、森から森へと旅をしながら物語を演じます。
声をなくした女の子に美しい声を取り戻してあげる優しい「花びら」の話や、星降る夜に踊るバレリーナの話........。
愛らしさに包まれた宝石のようにきれいな絵本。


この絵本を眺めていると、なぜか映画「ふたりのベロニカ」の、美しいバレリーナのあやつり人形を思い浮かべてしまいます。

# by silent_music | 2010-07-09 23:09 | days

あまの川


c0203401_18105453.jpg

                 
                  あまの川
               
               岸の小砂利も見いえるぞ
               底のすなごも見いえるぞ
               いつまで見ても
               見えないものは 水ばかり


宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」初期形第二次稿では、窓の外の銀河に向かい大きな声で「あまの川」を歌う男の子の姿が描かれていますが、この歌は、賢治が雑誌「愛国婦人」(大正10年9月号)に投稿し応募童謡として掲載された「あまの川」という詩です。
星まつりの晩に、銀河を旅するジョバンニとカムパネルラ………


「銀河鉄道の夜」は、夜空に星を感じる物語、地上に銀河を感じる物語です。


# by silent_music | 2010-07-08 18:14 | days