<   2019年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Azur ∞ 4/28〜5/6


  Azur  ∞   4/28〜5/6_c0203401_23130033.jpg



Hikari solo exhibition


日香里 個展


~ Azur ~

2019/ 4月28(日)〜 5月6日 (月) / closed 4/30

13:00 〜19:00


場所:こちらをどうぞ



画家 日香里さんが描く

青の神秘
青の永遠





  Azur  ∞   4/28〜5/6_c0203401_11180394.jpg






  Azur  ∞   4/28〜5/6_c0203401_12101490.jpg





  Azur  ∞   4/28〜5/6_c0203401_23134631.jpg


by silent_music | 2019-04-28 23:14 | days

最後のレモン


最後のレモン_c0203401_15285695.jpg



種から植えたレモン

日陰に植えたせいかなかなか実がならず、昨日思い切ってその木を切りました。

するとたったひとつだけレモンが!

「僕は頑張ったよ」(なぜか僕と)と声が聞こえてきたような気がしました。

ありがとう、ごめんね。

今度はいっぱい陽の当たるところに植えるね。



by silent_music | 2019-04-24 15:29 | days

Happy Easter †


Happy Easter †_c0203401_01061881.jpg



Happy Easter †

by silent_music | 2019-04-22 01:06 | days

聖金曜日 †



聖金曜日 †_c0203401_12562447.jpg



今日は聖金曜日†
キリストの受難の日です。

愛ゆえに 十字架に架けられたキリストを偲び
祈りと音楽を捧げたいと思います。


受難節にパリのノートルダム大聖堂の火災で焼失を免れた十字架とピエタ像。

今年は特別に想いを深くしています。


絵は天使さんより♡


by silent_music | 2019-04-19 12:52 | days

聖ルドビコ茨木の微笑み



聖ルドビコ茨木の微笑み_c0203401_11564504.jpeg



長崎の西坂で殉教した日本二十六聖人。
その中で最も小さかった12歳のルドビコ茨木。
少年は喜んで十字架に向かい最期まで微笑みを浮かべていたという。
賛美歌を歌い続け「パライソ、イエス、マリア」という言葉を残して。
聖ルドビコ茨木の絵を描いて天使さんにプレゼントしました。

by silent_music | 2019-04-19 11:56 | days

花の日々



花の日々_c0203401_11212257.jpg



素敵なお花屋さんを見つけました。
青い花が好きです。

この春、娘がプレゼントしてくれた花瓶。
花を飾るのがますます好きになりました。

by silent_music | 2019-04-18 11:21 | days

永遠の宿題


永遠の宿題_c0203401_11154268.jpg



私にできることはピアノを弾くことだけですが、それは小さな頃から変わらぬ「幸福の源泉」。あとどれくらい美しい曲に出会えるか、新しい曲を練習できるか ...

ピアノは私にとって「永遠の友達」
そして「永遠の宿題」です ♡


by silent_music | 2019-04-18 11:16 | days



イースターへ想いを寄せて_c0203401_13511556.jpg




イースターへ想いを寄せて





イースターへ想いを寄せて_c0203401_13535467.jpg



by silent_music | 2019-04-13 13:54 | days

聖域


聖域_c0203401_12492435.jpg




静かな午後
愛しき音楽室


by silent_music | 2019-04-12 12:50 | days

終わりなき変奏



終わりなき変奏_c0203401_12193293.jpg






私はほぼ変わらず毎日ピアノを弾きます。
音は留めておくことはできませんが、弾き続けていく日々そのものが「変奏」なのでしょうか。
ふと、モランディ―の画集を観ていてそんなことを想いました。

数年前、「ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏」展を拝見しました。
埃さえそのままにした決して特別なものではないオブジェが、画家の視線によってひそやかに変奏していく .......

モランディ―は若くして世に才能を認められながら、世俗を離れ目立たないものの中に美を見いだしました。
「私の人生は特別なものではなくて幸せだった」と語っているが、それは自らの意志でそうしたもの ........
作品は彼の生き方を映している。

ひとつのメロディが 変奏されるように、一枚の絵が 変奏していく深淵 ....
視線を何に向けるか、心をどこに向けるか ...... 物事はそれによって変わる。

モランディ―の絵に安らぎを感じるのは、その色合いにもあるような気がします。
私が特に心惹かれたのは、なぜか水彩画でした。





終わりなき変奏_c0203401_12170952.jpg


by silent_music | 2019-04-08 12:21 | days