音楽という幸福



音楽という幸福_c0203401_01192850.jpeg





予約してあった検査は雪の日であろうと❄️


たとえ寒さや足元が不安でも、帰りにカフェで読む本が私を暖かくしてくれる。


藤田真央著「指先から旅をする」


音楽という「幸福」を届けてくれる人の言葉を、じっくり味わいたい♪




「そう、音楽の前では、決して嘘をつくことができない。」

藤田さんの言葉が心に響く。


音楽の背景にある宗教、「それを精緻に調べ、想像力を働かせたとしても、真実味を問われるならば、やはりためらいもあります。」と、これまでコンサートのプログラムにバッハを入れることはほぼなかったと。


自分の理解が十分でないことは、きっと音に表れてしまうから。

音楽に向かう真摯な姿に感銘。


藤田真央「指先から旅をする」より




演奏家の本を読んでいると、どうしても家族のことが思い出される。


一流の演奏家になっていても受験生でもレッスンの時に必ず弟子に言うことは「心が美しくなければ良き音楽は奏でられない … 」


卓越した技術を超えるものは「心」しかない。


どのように生きどのように音楽に向かうか。


私に言うことも同じだった。


「きれいな心でいてください」


どんなに深く重い言葉か …


足元にも及ばぬ小さな私。


目には見えなくても傍らに在る人の慈愛を感じながら命が尽きる時まで、その言葉を抱きしめていたい。




by silent_music | 2024-02-05 18:18 | days