c0203401_17291891.jpg


どんな時も
人の魂を
心安らかにしてくれる音楽..............

# by silent_music | 2010-04-25 17:31 | days

MEMO FLORA

c0203401_23152762.jpg



ブラキカムの白とオレンジの白目と虹彩
中央の瞳はパンジー
まつげはウラシロヤナギ

そして目頭と目じりに水がめを用意し
睡蓮の仲間:ヒツジ草を浮かべた
何故ヒツジグサなのかというと、
羊の刻(午後2時ごろ)に白い花が咲くのでヒツジ草と呼ばれる
(実際には季節や気温、日照状態に左右される。)

その時 涙がこぼれるように見える........

              宮沢賢治 ノート「メモ・フローラ」より



「メモ・フローラ」には「涙ぐむ眼」をはじめいくつかの花壇スケッチや植物のことが記されています。

「涙ぐむ眼」という花壇は、花巻共立病院のために設計したもの。
賢治は「花壇工作」という短編にそのことを描いています。

「......南の診察室や手術室のある棟には十三才の聖女テレジアといった風の見習ひの看護婦たちが行ったり来たりしてゐたし、それにおれはおれの創造力に充分な自信があった。けだし音楽を図形に直すことは自由であるし、おれはそこへ花で Beethoven の Fantasy を描くこともできる。さう考へた。」

                      宮沢賢治 短編「花壇工作」より

賢治は童話や詩だけではなく、花壇の設計にも「音楽」を描こうとしていました。
病院の庭に、「涙ぐむ眼」.......
いかにも賢治らしい発想です。


c0203401_23524065.jpg

# by silent_music | 2010-04-23 23:45 | days

マリア様の涙

c0203401_15492542.jpg


スズランの花が咲きはじめました。

フランスでは「マリア様の涙」と呼ばれているスズラン。
ユリ科の植物からか、イギリスでは「谷間のユリ」とも呼ばれています。
絵画には、大天使ガブリエルがユリの花を持ちマリア様に受胎告知をする姿が多く描かれていますが、ルネッサンス期ではスズランを差し出す大天使ガブリエルの姿も描かれています。

スズランの清らかな愛らしさは、庭の幸福な贈りもの
マリアさまの優しいまなざしのように...................

# by silent_music | 2010-04-21 16:11 | days

アメリカンチェリーの花

c0203401_12194254.jpg



清楚な白い桜
アメリカンチェリーの花が咲きました

# by silent_music | 2010-04-20 12:21 | days

どんな時も

c0203401_23482172.jpg


「彗星、彗星って騒ぐなよ。そんなのぼくたちが家に帰りさえすれば、パパとママがなんとかしてくれるさ.......」。

おさびし山の天文台へ行き、4日後に彗星が地球に衝突することを知ったムーミンたちは今一番大切なことは一刻も早く家族の元に戻ることだと感じ、ムーミン谷をめざします。

なぜならムーミンは、どんな時もパパとママが守ってくれることを信じているから。

避けることのできない衝突ならば、一番大切なことを選ぶ........

運命に身を委ねたムーミンは、「ひとりぼっちで寂しいだろうなあ」と彗星にさえ優しさを示します。

               トーヴェ.ヤンソン「ムーミン谷の彗星」より


# by silent_music | 2010-04-16 00:30 | days