<   2010年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

苺の花

c0203401_15194283.jpg


与えられた場所で咲きましょう
心をこめて...............

by silent_music | 2010-02-28 15:20 | days

ノスタルジア

c0203401_22175063.jpg




サンガルガノ大聖堂の廃墟
ローソクの灯火
タルコフスキーの美しい映像
静謐な音楽が流れてくる...................

by silent_music | 2010-02-28 00:27 | days

アシジからの贈り物

c0203401_071842.jpg


聖フランチェスコと聖クララ
その面影を映す心優しい友人が
自らが撮ったアシジの美しい写真を届けてくれました

幸福な時間
アシジの風が吹きぬけていくような.......

by silent_music | 2010-02-27 00:16 | days

優しい時間

c0203401_23195788.jpg



神様におねだりできるのは愛だけです
by silent_music | 2010-02-25 23:22 | days

賢治の銀河

c0203401_23485338.jpg


正しく強く生きるとは
銀河系を自らの中に意識して
これに応じて行くことである


                   宮沢賢治 「農民芸術概論網要」より

by silent_music | 2010-02-23 23:53 | days

私のジョバンニ

c0203401_21285643.jpg


「僕はもうあんな大きな暗の中だってこわくない。きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう。」


                        宮沢賢治 「銀河鉄道の夜」より

by silent_music | 2010-02-22 21:32 | days

Tree People

c0203401_19211996.jpg


宇宙は丸くて平たい
屋根がドーム型に世界をおおっている
きらめく星や太陽で飾られた屋根
この天を支えるのは巨大な柱
天体はそれを中心に回転している

天地をつなぐ柱 それは大きな木
天に届くまで枝を広げ 地底深くへと根を伸ばす
天空 地上 地下のあらゆる命の 掛け橋となっている
宇宙の木 運命の木
葉にすべての人の人生が 書きこまれている


                       「森の精霊と旅をする」より
by silent_music | 2010-02-21 19:29 | days

自由学園 明日館の暖炉

c0203401_2124545.jpg


暖炉はなぜこんなにも暖かいのでしょう
薪のはぜる音 匂い......
炎の揺らめきが時間を優しく包みます



c0203401_21264844.jpg

by silent_music | 2010-02-19 21:27 | days

鏡の国のアリス

c0203401_5204771.jpg



あかるい空のもと ボートがいっそう
ゆめみごこちで たゆたいすすむ
七月の とある夕ぐれ

りょうわきには いとけない三にんむすめ
まなこきらきら 耳そばだてて
たいないおはなしを よろこびむかえ

すんだあの空は とうにいろあせ
こだまはきえ 思い出はほろび
秋のしもに 七月はあえなくさったけれど

わたしの目にはいまも 大空のもと
アリスがいきいきとうごいてやまない
さめてはみえぬ まぼろしのそのおもかげ

がんぜないものたちは なおもおはなしをと
まなこきらきら 耳そばだてて
あいくるしくにじりよってくるのだ

あのこたちは ふしいの国にねそべり
夢のうちにあけくれている
夢のうちに 夏はあまたたびめぐり

いつまでも ながれをただよいくだり
こんじきのひかりのうちを たゆたう
いのちとは 夢 でなくてどうする?

 
                 ルイス.キャロル「アリス.わが愛」 矢川澄子 訳

by silent_music | 2010-02-18 00:10 | days

c0203401_16271154.jpg




沈黙の<聖女>は おだやかに悲しみ
ひきさかれてもなお完全
追憶のバラ
忘却のバラ
力つきても なお命をあたえ
悩みながらも 心おだやかに
ただ一本の薔薇が園となり
そこに 満たされぬ愛の苦しみが終わる

終わりなき旅の終わり
言葉なき言葉の語らい

聖母の園に恵みあれ...................

                  T.S.エリオット「聖灰水曜日」より 

                   †

「灰の水曜日」とは四旬節の第一日目のことで、キリスト教徒が過去の罪を悔い、現世から神の世界へとふりむくために祈りを捧げる日。
聖書では、「灰」は悲しみや悔い改め、そして死を意味します。

    「すべてはひとつのところに行く
    すべては塵から成り.すべては塵に返る」

                   コヘレトの言葉3章20節

              Ashes to ashes; Dust to dust


c0203401_18185061.jpg

by silent_music | 2010-02-17 18:20 | days