カテゴリ:days( 1285 )

鳩ぽっぽぽぽ〜♪

c0203401_3371366.jpg


小さい子の歌は本当にかわいいのです。

「ぽっぽっぽ〜 鳩ぽっぽぽぽ〜♪」

by silent_music | 2010-03-25 03:25 | days

Ashes and Snow

c0203401_16462133.jpg


「すべての動物が共有している言葉と詩的な感覚を探る過程を通じて、私は、人間が動物と調和しながら生きていた時には存在したはずの共通の基礎を再発見したいと考えています。作品のイメージは、始まりも終わりもなければ、こちらとあちらや、過去と現在の区別もない世界を表しています」

                           グレゴリー・コルベール 


「僕の生活は、空に根をはる木。旅をしつづけています。」
彼はこう言い、自然が私たちの一部であることを美しく神々しく映しています。

by silent_music | 2010-03-24 16:49 | days

ムーミンママの心

c0203401_2015695.jpg


「ムーミンママは、台所にすわって、もも色のクリームで、デコレーションケーキのしあげをしていました。ケーキのまわりには「かわいいムーミントロールへ」と、チョコレートで書いてありました。そして、てっぺんにはおさとうの星がのっかっていました。」


                  トーヴェヤンソン「ムーミン谷の彗星」より



もうすぐ彗星が衝突し、地球が滅びるという時も、ムーミンママはいつもと変わらず心穏やかにケーキを作り、天文台へ行ったムーミントロールの帰りを待っています。
ムーミンママは、どんな時も「良きこと」を純粋に信じています。
だからいつも心穏やかなのですね。


by silent_music | 2010-03-22 20:12 | days

スナフキンの心

c0203401_0173965.jpg


「そうだな。なんでもじぶんのものにして、もってかえろうとすると、むずかしいものなんだよ。
ぼくは、見るだけにしてるんだ。そして、たちさるときには、それを頭の中にしまっておくのさ。ぼくはそれで、かばんをもち歩くよりも、ずっとたのしいね。」
                    
                    

                    トーヴェヤンソン「ムーミン谷の彗星」より



スナフキンは物に執着することを嫌います。
物を持つことより、きれいなものを心に感じることの方が大切であることを知っているからです。

                         

                
by silent_music | 2010-03-20 00:22 | days

音楽

c0203401_22585185.jpg


音楽は天使の言葉だとは
言い得て妙である

            トーマス・カーライル

by silent_music | 2010-03-18 23:01 | days

ジョットの青


c0203401_14153083.jpg


スクロヴェーニ礼拝堂にあるジョットのフレスコ画「哀悼」
さまざまな天使たちが出現している青の空間
青い服を着たマリアがキリストの頭を膝に抱き取り
語りかけるように顔を近づけている

by silent_music | 2010-03-17 14:23 | days

モラン

c0203401_22472676.jpg


「.....どんなにモランはさびしいことでしょう。だれにも愛されないんだものねえ。だからあの人は、みんなをにくむんです。あのスーツケースにはいってるものは、おそらくあの人のもってる、ただ一つのたからものでしょう。それをもあなたがたは、あの人からとりあげてしまうというんですか。
あのさびしい、夜の中になげだされているおばあさんから。」
スニフは、こういいながら、いよいよのぼせてきて、声をふるわせました。

             トーベ=ヤンソン 「楽しいムーミン一家」 山室静/訳



モランは女のまもの(ばけもの)です。
モランが通った跡は真っ白にこおりつき、その声もこおりのよう。
でもモランは恐ろしいまものでしょうか。
いいえ、あまりにも孤独だったから心がこおりついてしまっただけ。
本当は可哀想なおばあさんなのです。

by silent_music | 2010-03-15 22:54 | days

青の彼方

c0203401_15454985.jpg


やさしい風のそよぎがわたしの胸にまつわる時
わたしの全存在は声をひそめて耳を傾ける
遠い青い心を奪われて
わたしは 空のエーテルを仰ぎ
あるいは聖なる海に目をそそぐ
するとさながら わたしに近しい霊が双の腕を開いて 
わたしを迎えてくれるように
孤独の悲しみが神性に充ちた生の中へ
融け合ってしまうように思われるのだ

               Johann Christian Friedrich Hölderlin ヘルダーリン


彼方の空の青は、聖なる海とともに、神性に充ちた生の中へと融溶していく。
青を見つめ、青を通して、青の中に入っていく。
そして、すべてのものはひとつになる........



by silent_music | 2010-03-12 15:54 | days

花星


c0203401_13351194.jpg


あめなる花を星といい
      この世の星を花という


                  宮沢賢治 童話「ひのきとひなげし」

by silent_music | 2010-03-10 13:37 | days

ホーホケキョキョ


c0203401_1683380.jpg



梅の枝でうぐいすが
ホーホケキョキョと鳴いてます
今年はじめてのお披露目で
あらあら少しご愛嬌
スミレもクスッっと笑っています

by silent_music | 2010-03-07 16:12 | days