カテゴリ:days( 1285 )

どんな時も

c0203401_23482172.jpg


「彗星、彗星って騒ぐなよ。そんなのぼくたちが家に帰りさえすれば、パパとママがなんとかしてくれるさ.......」。

おさびし山の天文台へ行き、4日後に彗星が地球に衝突することを知ったムーミンたちは今一番大切なことは一刻も早く家族の元に戻ることだと感じ、ムーミン谷をめざします。

なぜならムーミンは、どんな時もパパとママが守ってくれることを信じているから。

避けることのできない衝突ならば、一番大切なことを選ぶ........

運命に身を委ねたムーミンは、「ひとりぼっちで寂しいだろうなあ」と彗星にさえ優しさを示します。

               トーヴェ.ヤンソン「ムーミン谷の彗星」より


by silent_music | 2010-04-16 00:30 | days

カンテレの響き

c0203401_12345972.jpg


ワイナミョイネンはカンテレを演奏した。すべての動物がこれを聞きに集まった。妖精たちも聞き惚れた。聞いた人間はすべて涙を流した。ワイナミョイネン自らも涙を流した。その涙は海に沈んで真珠となった。
             
                    フィンランド叙事詩  カレワラ 第41章


カンテレを弾いていると、森の声が聴こえてきます。
その優しい響きは、ローソクの光のよう。

フィンランドの子供たちは、その音を「流れ星の落ちる音」というそうです。

by silent_music | 2010-04-12 12:38 | days

睡(ねむ)れる花

c0203401_1322681.jpg


春の優しい日差しを浴びる
満開の海棠(かいどう)

唐の時代の玄宗皇帝は、絶世の美女楊貴妃の、頬を染めたしどけない様子を海棠の花の美しさに例え、「楊貴妃 睡(ねむり)いまだ足らず」と詠いました。



  
by silent_music | 2010-04-10 13:23 | days

ジャスミンの香り

c0203401_1010190.jpg


ジャスミンの甘い香りが
庭いっぱいに降りそそぎます




c0203401_10193731.jpg

by silent_music | 2010-04-07 10:10 | days

復活の主日

c0203401_11382086.jpg


「なぜ、生きた方を死者の中に捜すのか。
あの方はここにはおられない。復活なさったのだ。」
                             
                      ルカによる福音書23章5節

                  †

復活祭はキリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する日です。



by silent_music | 2010-04-04 13:43 | days

c0203401_1593532.jpg


いまは わたしの悲惨も 溢れんばかりになって
言いようもなくわたしを充たしています
石の硬い内部のように わたしはこわばっています
硬くなったこのわたし このわたしの知っているただひとこと
それは あなたが大いなるものとなったこと
......あまりにも大いなる苦痛として
わたしの心の把握を超えてしまうほども
あなたは大いなるものとなったのです
そして いま あなたは
わたしの母胎を横切っているのです
いまは もう わたしには あなたを
産むことができません

                R.M.リルケ 「マリアの生涯:ピエタ」より


                   
                   †


聖土曜日は、キリストが墓に葬られた後の大安息日であり、キリストの受難と死をしのぶ日です。
復活徹夜祭は「あらゆる徹夜祭の母」(聖アウグスチヌスの言葉)と呼ばれて大切にされ、
すでに四世紀にはエルサレムだけでなくいろいろなところで盛んに行われていました。
この夜は、古来、神のために守る徹夜(出エジプト12・42)の日とされ、キリスト者はあかりを灯し、目をさましてこの夜を過ごします。
そして、主が死から生命へお移りになったこの最も聖なる夜、洗礼によって新しく生まれた兄弟とともに、喜びの食卓(ミサ)に招かれるのです。



by silent_music | 2010-04-03 15:18 | days

聖金曜日 受難日

c0203401_9581370.jpg



イエスは、自ら十字架を背負い、
いわゆる「されこうべの場所」、すなわちヘブライ語でゴルゴタという所へ向かわれた。
そこで、彼らはイエスを十字架につけた。


この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。
こうして、聖書の言葉が実現した。
そこには、酸いぶどう酒を満たした器が置いてあった。
人々は、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け、イエスの口もとに差し出した。
イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、
頭を垂れて息を引き取られた。

                     ヨハネによる福音書 19章17章〜30節
by silent_music | 2010-04-02 10:02 | days

大切なこと

c0203401_23184242.jpg


どんな小さいことであっても
大いなる愛を込めておこなうことは
人に喜びを与えます
そして人の心に平和をもたらします。
何をするかが問題ではなく
どれほどの愛をそこへ注ぎ込むことができるか
それが大切なことなのです。
        
          マザーテレサ


美しい業とは
心を込めて愛を為すこと......†


             
by silent_music | 2010-04-01 23:23 | days

レンテローズ


c0203401_12474453.jpg


キリスト教の復活祭を待ち望むように、レント(四旬節)の季節に咲くレンテローズ。
花言葉は「追憶」。
春の訪れを告げる庭の花々に微笑みがこぼれます。

by silent_music | 2010-03-31 12:56 | days

桃の花

c0203401_13534780.jpg


花冷えの中
我が家の庭に桃の花が咲きました

by silent_music | 2010-03-27 13:55 | days