カテゴリ:days( 1316 )


c0203401_1755192.jpg


雨の午後
サント・コロンブの「涙」を聴く
2つのヴィオールが織りなすとぎすまされた響き.....

17世紀のヴィオール奏者であり作曲家のサント・コロンブ
彼は俗世を離れ 神と自らのためにだけ音楽を捧げた

この曲は フランス映画「めぐりあう朝」の中で奏でられる
音楽家マラン・マレが回想する 師との日々....
サント・コロンブは 風の鳴る音に主旋律と低音の対照を聴き 画家の筆の音に弓の運びを活かせよと弟子マレへ教える
内なるものに向うサント・コロンブと 世に認められることを願うマラン・マレ
相違する魂は 決裂という形で師弟関係を終える.....

音楽とは何か
ヴィオールの音色が静かに教えてくれる.......

c0203401_12201624.jpg

by silent_music | 2010-06-23 13:05 | days

梅の収穫

c0203401_0345640.jpg


梅の収穫
今年は何を作ろうかしら
真夜中に梅をコトコト煮ながら、幸福な空想........

by silent_music | 2010-06-21 00:40 | days

午後の優しい光

c0203401_13551819.jpg


愛らしいニュージーランド産のハニーカムシートキャンドル。
ほのかに蜂蜜の甘い香りがします。
ハチのフィギアを添えてご愛嬌。

静かな午後に灯すキャンドルの優しい光.........

by silent_music | 2010-06-18 14:00 | days


c0203401_2249122.jpg


「赤とんぼ」の作詞で有名な三木露風。
若き三木は、北海道のトラピスト修道院に滞在中、ある青年から、聖テレーズの言葉を記した「ある霊魂の物語」という本をもらい、その人徳に感銘を受けました。
三木は、「小さきテレジアは神の奉仕者としてまた人として、柔らかい布で包んだ玉のような美徳をそなえておった」と綴り(「修道院雑筆」より)、カトリックに受洗後、聖テレーズをたたえる賛歌を作詞しました。
  
                  †

愛の山路

天国にああ導き給へ
おゝいと輝かしき聖女よ
御身の道は光り輝き
諸人の心を奪ふなり

天国に優しかる御身の
道を辿りて あゝわれらをば
光充ち満てる天国にと
聖テレジアよ 導き給へ

わが主イエズスは言い給へり
「天国は幼児のため」と
御身の模範によってこそは
主の御言は行はれたり

われらは御身により悟れり
御父の深き御慈愛に
われら信頼み過ぐることなきを
彼の御宝に その御赦しに

       
         「小さき花を賛美する歌」より 作詞.三木露風 作曲.チマッチ神父
   



by silent_music | 2010-06-17 22:58 | days


c0203401_041219.jpg


その光は 私を導いた
真昼の光より ずっと確かに........

おお 導く夜よ!
おお 暁より好ましい夜よ!
おお 結んでくれた夜よ!


                       十字架の聖ヨハネ「暗夜」
  
          
                   †

十字架の聖ヨハネが詠う暗夜の光に導かれ、聖テレーズは「すべて」へと向う「無の道」を歩みました。それはテレーズの言う「小さな道」....自分の弱さ、小ささを神に委ね、
ただ愛することだけに全身全霊を捧げる生き方。

                    
「私は、修道生活のはじめから、なんという望みと慰めをもって、十字架の聖ヨハネの言葉をくりかえしたことでしょう....」

                       
                    幼いイエスの聖テレーズ自叙伝より


c0203401_0453289.jpg

by silent_music | 2010-06-16 00:27 | days

Orla Wren - The Fish And The Doll

c0203401_21465852.jpg


イギリス人アーティストOrla Wren(オーラレーン)。
彼はジプシーのように旅をしながら絵や音楽を創作している。
The Fish And The Doll」......時に涙さえ誘う繊細で美しい作品。

by silent_music | 2010-06-12 21:49 | days

アリスの不思議なお店

c0203401_151446.jpg


小天使の鈴 チェシャ猫の笑い、空飛ぶ絨毯、白雪姫の靴下留め.......
フレデリック・クレマンが娘の誕生日プレゼントのために作った素敵な絵本

by silent_music | 2010-06-12 01:10 | days

c0203401_21135186.jpg

ガース・ウィリアムズ(作.絵)の美しい絵本
彼はこの作品の制作メモに「together*always*forever」と書き記しています。

by silent_music | 2010-06-10 21:18 | days

  つねに私は自然の一部である
               グレゴリー・コルベール



c0203401_1804757.jpg


        聖なるものに導かれるような写真..........


c0203401_1831626.jpg

      
        祈りのように...................
by silent_music | 2010-06-07 18:08 | days

c0203401_3552526.jpg

Bright Star

Bright star, would I were steadfast as thou art-- 
Not in lone splendour hung aloft the night
And watching, with eternal lids apart,
Like nature's patient, sleepless Eremite,
The moving waters at their priestlike task
Of pure ablution round earth's human shores,
Or gazing on the new soft-fallen mask
Of snow upon the mountains and the moors--
No--yet still stedfast, still unchangeable,
Pillow'd upon my fair love's ripening breast,
To feel for ever its soft fall and swell,
Awake for ever in a sweet unrest,
Still, still to hear her tender-taken breath,
And so live ever--or else swoon to death.


ブライト・スター

輝く星よ その誠実なきらめきは 夜空に高く孤独を知らぬ
その目は永遠の瞼を開き
受難者か隠遁者のごとく見守りつづける
世を取り巻く大地の岸を
絶えず清め 流れる水
その目はまた 山や沼を覆う 淡き初雪を見守る
永遠に誠実にして変わることなし
恋人の豊かな胸を枕に
その柔らかなうねりを感じつつ目覚めよう
甘き不安の中で 静かに彼女の息づかいを聴き
永遠の生か恍惚の死を求めん

c0203401_2241092.jpg


25歳の若さでこの世を去った浪漫派を代表する詩人ジョン・キーツ。
彼は死の間際に恋人ファニー・ブローンへ最後の手紙を送ります。

I will imagine you Venus tonight and pray, pray, pray to your star like a Hethen.

手紙には「Bright star」と題された美しい詩(love poem)が添えられ、死を予感したキーツの切ない想いが綴られていました。

         
詩、そして手紙.....言葉に凝縮された永遠の愛
ファニーはキーツ亡き後も贈られた指輪をはずすことなく恋人への愛を生涯貫きました。
         
         僕らが夏の三日間を生きる蝶であったなら
         平凡な50年を生きるより
         深い歓びの日々になる

                    John Keats       


by silent_music | 2010-06-05 22:26 | days