カテゴリ:days( 1319 )

桃の幸福

c0203401_1302496.jpg


今年は桃が豊作でした
鳥さんと仲良くたくさんいただきました。
最後の桃はちょっとおしゃれしてコンポートにしてみました。
赤ワインと桃の香りが何ともいえず上品です。

c0203401_1382315.jpg

by silent_music | 2010-07-11 01:41 | days

にんぎょうげきだん

c0203401_22492716.jpg


こみねゆらさんの絵本「にんぎょうげきだん」。
人形たちが演じる小さな小さな人形劇団は、森から森へと旅をしながら物語を演じます。
声をなくした女の子に美しい声を取り戻してあげる優しい「花びら」の話や、星降る夜に踊るバレリーナの話........。
愛らしさに包まれた宝石のようにきれいな絵本。


この絵本を眺めていると、なぜか映画「ふたりのベロニカ」の、美しいバレリーナのあやつり人形を思い浮かべてしまいます。

by silent_music | 2010-07-09 23:09 | days

あまの川


c0203401_18105453.jpg

                 
                  あまの川
               
               岸の小砂利も見いえるぞ
               底のすなごも見いえるぞ
               いつまで見ても
               見えないものは 水ばかり


宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」初期形第二次稿では、窓の外の銀河に向かい大きな声で「あまの川」を歌う男の子の姿が描かれていますが、この歌は、賢治が雑誌「愛国婦人」(大正10年9月号)に投稿し応募童謡として掲載された「あまの川」という詩です。
星まつりの晩に、銀河を旅するジョバンニとカムパネルラ………


「銀河鉄道の夜」は、夜空に星を感じる物語、地上に銀河を感じる物語です。


by silent_music | 2010-07-08 18:14 | days

星の時間

c0203401_23582350.jpg


今日は七夕
星を心に感じる日

ジョバンニとカムパネルラを乗せて走る
小さな銀河鉄道列車が見えるかもしれません


by silent_music | 2010-07-07 00:15 | days

わらって わらって

c0203401_14162714.jpg


わたくしたちの いのちの 本当の底は

咲(わら)っているのだと ぼくは思います

だから おお 遠慮なくぼくたちも

   わらって わらって
  
   わらって わらって


              山尾三省「わらって わらって」

by silent_music | 2010-07-06 14:17 | days

c0203401_16284895.jpg

Ample make this bed.
Make this bed with awe;
In it wait till judgment break
Excellent and fair.

Be its mattress straight,
Be its pillow round;
Let no sunrise' yellow noise
Interrupt this ground.
              Emily Dickinson

広い寝台を
畏れをもって準備し
公正な
審判の下る日を
静かに待とう
しとねをまっすぐに
まくらは丸く
朝日の黄金色のざわめきに
乱されぬように

c0203401_1783659.jpg


ナチスの収容所に向う母と2人の子供......
美しきソフィは一人の士官から思いがけない言葉を受ける
「you may keep one of your children」
我が子を救うために強いられた究極の選択......

ソフィは生きのびてなお、悔恨の苦しみから解放されることはなく、自ら命を絶つ。
枕元には「エミリー・ディキンソン」の詩集が.....。

悲しみが、一編の詩によって静謐な安らぎへと導かれる最期.......

映画「ソフィの選択」は、あまりにも深く生きる意味を問う。


by silent_music | 2010-07-05 16:34 | days

小さな収穫

c0203401_149282.jpg


まだ小粒ですが
小さな収穫........

by silent_music | 2010-07-04 01:44 | days

c0203401_14493627.jpg


桃の季節がやってきました。
でも、ほとんどが鳥のごちそうになってしまいあまり口にすることはできません。
今年は少し袋を被せてみました。
少しはおすそわけしてもらえるかしら?

by silent_music | 2010-07-03 14:55 | days

星の使者

c0203401_9291145.jpg


ガリレオ・ガリレイが、初めて望遠鏡を天空に向けたのは1609年。
望遠鏡によって拓かれた新しい宇宙の姿への感動と驚きを、彼は「星界の報告」に著しています。

ガリレオが初めて望遠鏡で見た天体......それは「月」でした。
映し出された月の姿、それは神が住まうとされていた美しい天体のイメージを覆すものでした。

宗教と科学的真実......権力からの弾圧を受けても信念を貫いた科学者ガリレオの人生。

  「科学においては、多くの人が信じているからといって正しいとは
   かぎりません。たったひとりの知性が火花のようにきらめいて、
   真実をてらし出すこともあるのです。」


by silent_music | 2010-07-02 10:38 | days

エミリー

c0203401_0552081.jpg


私が一番好きな絵本「エミリー」
詩人エミリー・ディキンソンの姿が、まるでそこに在るよう。

少女とエミリーとの「ひそやかな出会い」
その一瞬は永遠のように美しい。

詩とは何か.....
少女は、エミリーの膝の上にのせられた白い紙を見て「それは詩なの?」と聞く。
それに対してエミリーは、「いいえ、詩はあなた。これは詩になろうとしているだけ」と風のような声で答える。

「詩はあなた」........私はこの言葉に何度心ふるえたことでしょう。


      
      
by silent_music | 2010-07-01 01:38 | days