ジョバンニとカムパネルラ


c0203401_20324593.jpg

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』にインスピレーションを得て、優しい本がまた一冊うまれました。この物語に宿る言葉の響きや神聖な詩心、それらから生みだされる唯一無二の旋律がひとつひとつ丁寧に読みとられ、新しい解釈とともに文章に紡がれてゆきます。著者は、『エミリ・ブロンテのピアノ』の久保田恵子さん。挿絵を添えるのは『エミリ』と同じくイシイリョウコさん。この二人の手から生まれた美しい冊子の刊行を記念して、ささやかなコーナーをつくりました。冊子自体の他に、情景をイメージして制作されたイシイリョウコさんによるハンドメイドの人形などをお楽しみ下さい。  (恵文社一乗寺店 掲載文より)

♪    ♪

「銀河鉄道の夜から聴こえてくるもの」が、イシイリョウコさんの人形、ポストカードと共に恵文社一乗寺店にて紹介されています。
by silent_music | 2011-10-26 20:37 | days