アッシジ † 聖フランチェスコの星 

c0203401_052496.jpg

                  1226年10月3日未明のアッシジの星空

アッシジのポルチウンクラを包む森の深い静寂の中で、聖フランチェスコは弟子達に見守られながら最期の歌をうたいました -------
その声が途絶えた時、庵の中は真っ暗になり、死の静けさが訪れました。
フランチェスコは歌いながら永遠の中へと入って行き
その瞬間、庵の上では、フランチェスコの良き友ひばりが、別れのさえずりを奏でたといわれています。

                    †
今日は聖フランチェスコの祝日。
フランチェスコが召された時(1226年10月3日未明)
不思議なことに天空では、太陽を中心として水星、金星、地球、火星、木星、土星が十字架の形に並んでいたといわれています。

by silent_music | 2011-10-04 00:24 | days