星の使者

c0203401_9291145.jpg


ガリレオ・ガリレイが、初めて望遠鏡を天空に向けたのは1609年。
望遠鏡によって拓かれた新しい宇宙の姿への感動と驚きを、彼は「星界の報告」に著しています。

ガリレオが初めて望遠鏡で見た天体......それは「月」でした。
映し出された月の姿、それは神が住まうとされていた美しい天体のイメージを覆すものでした。

宗教と科学的真実......権力からの弾圧を受けても信念を貫いた科学者ガリレオの人生。

  「科学においては、多くの人が信じているからといって正しいとは
   かぎりません。たったひとりの知性が火花のようにきらめいて、
   真実をてらし出すこともあるのです。」


by silent_music | 2010-07-02 10:38 | days