Bright Star ブライトスター John Keats

c0203401_3552526.jpg

Bright Star

Bright star, would I were steadfast as thou art-- 
Not in lone splendour hung aloft the night
And watching, with eternal lids apart,
Like nature's patient, sleepless Eremite,
The moving waters at their priestlike task
Of pure ablution round earth's human shores,
Or gazing on the new soft-fallen mask
Of snow upon the mountains and the moors--
No--yet still stedfast, still unchangeable,
Pillow'd upon my fair love's ripening breast,
To feel for ever its soft fall and swell,
Awake for ever in a sweet unrest,
Still, still to hear her tender-taken breath,
And so live ever--or else swoon to death.


ブライト・スター

輝く星よ その誠実なきらめきは 夜空に高く孤独を知らぬ
その目は永遠の瞼を開き
受難者か隠遁者のごとく見守りつづける
世を取り巻く大地の岸を
絶えず清め 流れる水
その目はまた 山や沼を覆う 淡き初雪を見守る
永遠に誠実にして変わることなし
恋人の豊かな胸を枕に
その柔らかなうねりを感じつつ目覚めよう
甘き不安の中で 静かに彼女の息づかいを聴き
永遠の生か恍惚の死を求めん

c0203401_2241092.jpg


25歳の若さでこの世を去った浪漫派を代表する詩人ジョン・キーツ。
彼は死の間際に恋人ファニー・ブローンへ最後の手紙を送ります。

I will imagine you Venus tonight and pray, pray, pray to your star like a Hethen.

手紙には「Bright star」と題された美しい詩(love poem)が添えられ、死を予感したキーツの切ない想いが綴られていました。

         
詩、そして手紙.....言葉に凝縮された永遠の愛
ファニーはキーツ亡き後も贈られた指輪をはずすことなく恋人への愛を生涯貫きました。
         
         僕らが夏の三日間を生きる蝶であったなら
         平凡な50年を生きるより
         深い歓びの日々になる

                    John Keats       


by silent_music | 2010-06-05 22:26 | days