鏡の国のアリス

c0203401_5204771.jpg



あかるい空のもと ボートがいっそう
ゆめみごこちで たゆたいすすむ
七月の とある夕ぐれ

りょうわきには いとけない三にんむすめ
まなこきらきら 耳そばだてて
たいないおはなしを よろこびむかえ

すんだあの空は とうにいろあせ
こだまはきえ 思い出はほろび
秋のしもに 七月はあえなくさったけれど

わたしの目にはいまも 大空のもと
アリスがいきいきとうごいてやまない
さめてはみえぬ まぼろしのそのおもかげ

がんぜないものたちは なおもおはなしをと
まなこきらきら 耳そばだてて
あいくるしくにじりよってくるのだ

あのこたちは ふしいの国にねそべり
夢のうちにあけくれている
夢のうちに 夏はあまたたびめぐり

いつまでも ながれをただよいくだり
こんじきのひかりのうちを たゆたう
いのちとは 夢 でなくてどうする?

 
                 ルイス.キャロル「アリス.わが愛」 矢川澄子 訳

by silent_music | 2010-02-18 00:10 | days