聖灰水曜日   Ash Wednesday

c0203401_16271154.jpg




沈黙の<聖女>は おだやかに悲しみ
ひきさかれてもなお完全
追憶のバラ
忘却のバラ
力つきても なお命をあたえ
悩みながらも 心おだやかに
ただ一本の薔薇が園となり
そこに 満たされぬ愛の苦しみが終わる

終わりなき旅の終わり
言葉なき言葉の語らい

聖母の園に恵みあれ...................

                  T.S.エリオット「聖灰水曜日」より 

                   †

「灰の水曜日」とは四旬節の第一日目のことで、キリスト教徒が過去の罪を悔い、現世から神の世界へとふりむくために祈りを捧げる日。
聖書では、「灰」は悲しみや悔い改め、そして死を意味します。

    「すべてはひとつのところに行く
    すべては塵から成り.すべては塵に返る」

                   コヘレトの言葉3章20節

              Ashes to ashes; Dust to dust


c0203401_18185061.jpg

by silent_music | 2010-02-17 18:20 | days